フィリピンでのマッサージ事情

フィリピンでのマッサージ事情

フィリピンのマッサージはおすすめです。

特に男性のみなさんは、受ける価値あると思います。

店舗型マッサージ

本格的にマッサージを受けたい場合に利用します。

特にタイ式のTontonマッサージは安くてマッサージもそこそこ良いので、よく利用しました。

出張マッサージ

家、ホテルまで来てくれるマッサージです。

出張マッサージの調べ方

日本人向けのフィリピン情報を配信しているプライマーで検索するのが良いと思います。

ランキングも出てくるので、上位のマッサージ店を利用するのか良いと思います。

予約の方法

お店に携帯のテキスト、ショートメッセージか、Line、Wechatのようなメッセージアプリで予約します。

僕の場合は、初めて利用する場合でも毎回いきなり以下のように聞いていました。

Hi, who is available?

だいたい、今、待機しているセラピストを教えてくれます。

また、さらには、以下のようにお願いします。

Please send the pictures of available therapists.

10店舗以上、利用したと思いますが、7割くらいは写真を送ってくれます。

なので、そのあとは、顔を見て指名します。

マッサージの種類

基本的には2種類しかなくて、ドライもしくはオイルマッサージです。

セラピストがマッサージ前に毎回、

Sir, dry or oil?

と聞いてくれます。

僕は、毎回、オイルにしていました。

マッサージの受け方

オイルの場合は、基本的には、服を脱ぐ必要があり、多分、パンツ一丁が一般的だと思います。

僕の場合は、パンツも脱いで、マッパでマッサージを受けてました。

タオルは準備してくれというので、大事な箇所は隠しながらマッサージをしてくれます。

結構、際どいところも触ってくれるで、そこもパンツも脱いでマッサージを受けるのをおすすめします。

マッサージの相場料金

僕は毎回2時間コースだったので、

マッサージ料金 500から700ペソにチップ100ペソを渡していました。

日本と比べると非常に格安です。

スペシャルマッサージのお誘い

そして、7割くらいは、スペシャルマッサージのお誘いをしてきてくれます。

基本的には、手でヌイてくれるのですが、

相場としては、プラス1000ペソぐらいが一般的だと思います。

セラピストとによっては、本番も誘ってくるセラピストもいます。

番外編 セラピストの生活

出張型マッサージは、全員のセラピストが同じ家に住んでいるようです。同じ家からみんなバイクなどにのって、家やホテルまで来ます。

なので、同じ店で、何名か指名してると、セラピスト同士が仲が良い場合には情報共有されている場合もありました。

まとめ

出張マッサージが家、ホテルでリラックスして受けられるのでおすすめです。

お気に入りのお店を数店舗確保して、お気に入りのセラピストを写真なども見ながら探していくのが良いと思います。

お店のマネージャと仲良くなると、新人入った場合や誰がかわいいがどうかまで教えてくれます。

風俗ぽいですが、決して風俗ではなく、普通のマッサージのサービス提供を基本としています。

ただ、給料だけだと、安いので、スペシャルマッサージで別途、稼いでるのが実態だと思います。

ぜひ、彼女たちに貢献してあげてください。